★ブログのアクセスアップにはブログランキングが有効
⇒人気blogランキング

BLOG RANKING BABBER2.gif

2010年05月03日

電車の乗車はICカードが当たり前?

みなさんは電車に乗るときは切符を買ってますか?
それとも、ICカードを利用されているでしょうか。

最近はどこもICカードが一般的になってきました。

ちょっと前までは、定期券なんかも、駅員に見せたり、改札の切符入れに入れて通したりしていたのに、いまではピッとするだけです。

しかもJRや私鉄関係なしに利用できるのでかなり便利な世の中になりました。

ところで、みなさんは関東圏にお住まいでしょうか。
それとも関西圏にお住まいでしょうか。
その両方ともに属さないという人もいるでしょう。

関西・関東にまたがって活動する人は、「ICOCA」か「Suica」が必要になります。
これはこれら2種類のカードであれば、関西・関東両方で使用が可能だからです。
昔は関東・関西のみで可能でしたが、現在は全国で使えるところが増えたのでかなり便利になりました。

しかし、ICカードはこれだけではありません。
「PiTaPa」や「PASMO」というカードもあります。

これらは何かというと、関西もしくは関東の私鉄会社が作ったICカードになります
しかし、PiTaPa は関東で使えず、PASMO は関西で使えません。
まぁ私鉄は関東と関西で繋がっているはずもないので全国で使えません。

ここでカードの互換性を簡単に説明。
ICOCA :JR全線で使用可。関西圏の私鉄、バスで使用可。
Suica :JR全線で使用可。関東圏の私鉄、バスで使用可。
PiTaPa :JR西日本で使用可。関西圏の私鉄、バスで使用可。
PASMO :JR東日本で使用可。関東圏の私鉄、バスで使用可。
TOICA :JR全線で使用可?私鉄、バスに関しては東海圏?

ここでどのカードを持てばよいのか考えてみましょう。
関東圏中心で行動する人を例に考えてみると、
まず、「Suica」があれば関東圏ならどこでも乗れます。
そしてたまに関西方面に出かけるとしても「Suica」があればJRは乗れます。
ただし、関西の私鉄は利用できないので「PiTaPa」を持っておくのが有効でしょう。

まぁ「Suica」と「PASUMO」、「ICOCA」と「PiTaPa」という風に同じ圏内のカードを二枚持つ必要性はあまりないということです。
定期等で使用する人や私鉄沿線の人は必要かもしれませんが。。

まだICカードに対応していない地域もあるでしょうが、これから全国で使用できるようになるでしょう。
たしか、まだ「Suica」や「ICOCA」でも関東、関西圏内で乗車し、東海圏内で降車すると精算ができずにエラーになってたはず。

後は国民のためを思うなら、将来はどのカードでも全国どこでもピッとできる互換性のあるものにして欲しいところです。
何枚もICカードを持ちたくないですからね。

その他各地域の私鉄、バスのカードが何に対応してるかはそれぞれの会社のサイトで確認してみてください。
この記事が役に立ったらポチッとして下さい!! BLOG RANKING BABBER2.gif

posted by アツ at 23:09 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

キーワード出現頻度チェッカー
■あなたのサイトのURLを入力してください。
URL:

1曲99円、懐かしのアノ曲が、ココからダウンロードできます!
TOP自己紹介 一番上に戻る
日記サッカーニュースパソコン家電・AV機器